つらつらと・・・家族、仕事、西川さんのことなど・・甘ぁ~い明太子なのだ
 
 
 
 
・・追えてない
 
 
【2017/07/06 17:34】
 
 
さっぱり情報を追えてない、最近の西川君の・・

そうそう、文春も買って読みましたよ、今更ですが(笑)
なんか、ビジネスなお話になってましたなっ

西川君はイナズマの準備で関西方面では、出没多めですね、羨ましいですが・・

何はともあれ・・・武道館は映像にするって言ってたから、まだかしらって思ってましたが
来月にリリースですって、嬉しい~
是非、SSAも・・・こっちも絶対に映像化してくれるでしょっ

今回は、嬉しいことに、ライブ音源のCDにフォトブックとありがたいね
密林さんだと、かなりお安くなるみたいで・・・是非予約せねばっ

 T.M.Revolution 2017年正月武道館公演を収録したLIVE DVD発売

「T.M.R. LIVE REVOLUTION'16-'17 -Route 20- LIVE AT NIPPON BUDOKAN」
2017年8月23日発売

【Blu-ray初回生産限定盤】

[BD+CD(ライブ音源)+フォトブック] ESXL-122/ESXL-123 ¥10,000(税抜)

【DVD初回生産限定盤】

[2DVD+CD(ライブ音源)+フォトブック] ESBL-2490~2492 ¥9,000(税抜)

【DVD通常盤】

[2DVD] ESBL-2493~2494 ¥6,500円(税抜)


西川君的には、この武道館公演は、もっとやれることがあったんじゃないか?って思えて、自己評価はかなり低めだったらしいですが、だから、たまアリのライブは、もっともっと頑張って詰め込んだ西川君だったのですっ
頑張りやさんだっ、ほんとに頑張りやさんだっ

びわ湖大津経済新聞  https://biwako-otsu.keizai.biz/headline/1237/

TV

7/8(土) 12:00~12:20 びわ湖放送「テレビ滋賀プラスワン」
        ※再放送:7/9(日) 8:30~8:50
       ※7/10(月)に滋賀県インターネットTVしがにUP予定 http://www.pref.shiga.lg.jp/nettv/tv_plus1/index.html

今夜は、こちら
7/6(木) 24:59~25:59 MBS「SONG TOWN」

この番組、面白そう~・・・

で、ラジオのコメントOAもありですねっ
7/9(日) 16:55~17:00 FM OH!「NEXCO DRIVE PORTER RADIO」 ※コメントオンエア
7/11(火) 16:00~17:35 FM OH!「Music Bit」 ※コメントオンエア

t-wabのスタッフダイアリーも、相変わらずまとめて更新(笑)
コレ、毎回楽しみですよね、西川君の様子が知れて嬉しい、ありがたい

今朝は、スキッパーさん、見たわ(笑)・・・孫が居るわけでもないのに、朝からテレビの前で、幼児番組見てる私
先週のイエノミも、TSで観なきゃ~な一週間、早いわねっ
ブラジルのライブがあるからって、次のイエノミは一回お休みですが・・・そんなに長く、向こうに居る予定なのかしらねぇ~

ブラジルでのイベントは9日・・・ってことは、もう日本を離れてるんだろうか
https://www.facebook.com/animefriendsbr/
とにかく、海外は、私は怖い、何処で何が起きてもおかしくない世界事情、無事に、何事もなく楽しんで元気に帰国してくれることを願っております
初の南米、楽しんできて欲しいですよね

あ~~、もっと先と思っていたイナズマも、なんか早い気がするわぁ~
ホテルとか・・準備してないとだなぁ
そうだそうだ、楽しみがあるから、頑張らないと
スポンサーサイト
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
イナズマ・・・追加は
 
 
【2017/06/09 19:37】
 
 
え~っと「ロックの日」です、6月9日(笑)
何も関係ないけど・・・

今日は休みですが、非常にカラダがしんどい、お仕事がハード、辛いっ


昨夜、ギリギリで、イエノミ、タイムシフトで見たわぁ~、面白かったぁ
西川君の驚く姿がとても貴重だった、カリガリの青さん、とても興味深い(笑)
ルイマリのライブに行ったってのも凄いけど、西川君のミュージカルのパンフのデザイナーさんだったとはねぇ~
凄いめぐり合わせだわっ、これから良い関係になるといいね
7月に福岡でもライブあるのよね、ちょっと行ってみたい気もする(笑)

僕らの音楽・・の収録やら、一日お仕事して、かなりお疲れのお顔でした
ゲスノミ、終る頃はほんとうに疲れた感じだったわ
で、次のゲストは、ヒサシ君で、これまた楽しみ、一回お休みですが・・・


TV
6/8(木) 24:59~25:59 MBS「SONG TOWN」

この番組、面白かったそうです、らしいです、そんなツイートを目にしました(笑)

西川君が頑張って大阪で収録してきた番組も、有料チャンネルの番組も
全部見れるといいのにねぇ~~っ

テレビ、ラジオ情報、すべて見れません、聴けません、残念っ

む~~っ18日の、M-ONのSSAのライブは、せっかく見れるのに、見れないという(笑)
旦那が寝るまで見れないのじゃ~~っ・・・録画もできないし、絶対に映像化はしてくれるだろうけれどねぇ

6/12(月) 26:20~26:40 MBS「ENT」
6/14(水) 19:00~19:56 MBS「水野真紀の魔法のレストランR」
6/29(木) 19:00~20:00 フジテレビNEXT「西川貴教の僕らの音楽 #1」
7/27(木) 19:00~20:00 フジテレビNEXT「西川貴教の僕らの音楽 #2」

フジテレビNEXTは、ちょっと視聴料が高いっ

【RADIO】
6/15(木) 16:00~17:35 FM OH!「Music Bit」

NHK公式サイト内「NHK_PR」 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=10423

マヴェさん、随分と慣れてきたよねぇ~、まだ録画してるだけで観れてないのもあるけれど・・
チョコチョコと挟む自分のお話、楽しみよね(笑)

ORICON NEWS https://www.youtube.com/watch?v=Xl0tJw5wh6c

・・・20年後も30年後も、今のままで活動出来るように・・・ねぇ~頑張ってる西川君ですが
私は、20年後はこの世に居ないと思う・・・寂しいわぁ~(爆)

新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/350991/#b_section01

後ろのポスターがどうにも気になりまする

そしてそして、イナズマロック フェス 2017の追加出演アーティストが発表されましたねぇ
まぁ、間違いなくウーバーは来ると思ってましたよね

UVERworld、KEYTALK、Fear, and Loathing in Las Vegasの3組

今年は、若いねっ、ロック寄りやね・・・楽しそう~
最近、西川君、ラジオで、a.b.sの楽曲ばかり流しているようで・・・今年は動けそうかな、動きたかろうし
いきなり、a.b.s登場とか・・・はないか、来年のイナズマの10周年に、a.b.s来ないかなぁ~期待したいなぁ~

・・・ってかさぁ~~っ、氣志團っ・・・
なんで、全く同じ日程で万博やるかなぁ~~っ、一週でもずらせばいいのにっ
また、向こうの出演者も毎年、いいメンツなのよねぇ~~っ
娘とも、行ってみたいねぇ~って思うもの・・・
これさぁ~絶対に、ずらして欲しいよねぇ~、どっちも参加したいって人、きっと多いと思うわぁ~
イナズマは西川君の誕生日に合わせての開催なんだから、氣志團万博をずらせて欲しいなぁ~(笑)


さて、イナズマ、娘と参加予定ですが
その一週間後、9月23日の京響プレミアム・・・ひゃぁ~~、申し込んじゃった(笑)
今日、当落発表で・・・当選でした
コンビニ支払いだった、クレジットと思ってた・・・クレジットだとお金の感覚ないんだけど、現金払うと、ちょっと「オッ」って思うよね(笑)遠征は交通費がね・・・これ、多分日帰りできるよね?出来ると思って申し込みしたんだけど、後でちゃんと調べてみなきゃっ


な~~~んか、早いですね~
うっとうしい梅雨ですが・・・きっと、すぐに暑い暑いって夏になって
お仕事が忙しい、大変、しんどい・・・って言ってるだけで夏が終って
・・・すぐにイナズマになりそう~怖い怖いっ

9月を楽しみに、夏を乗り越えよう・・・・ちょっと気が早い


 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
18日のウラノミ
 
 
【2017/05/25 23:47】
 
 
前回のウラノミ・・ゲスノミ、13,14日とSSAのライブが終って、18日の放送でしたが、ライブの事に触れ、お話をしてくれて、見れなくなっちゃうから、書き起こしとく
ライブがとってもとても素晴らしくて、-eの話や、ステージの事や思いを、いい表情で話してくれて・・
無料チラ見せの部分しか見れなかった人が、もしかしたら・・読んでくれたら西川君の気持ちがもっとわかってくれるかなぁ~とか、自分もいつかまた読み返すかもなぁ~とか思いながら、書き起こしてみた



(無料チラ見せ)
無事に20周年を完走することができました、まことに皆様ありがとうございました
やぁほんとうに・・・
最後だし、ま、いろんなことやりました まぁ久々にゼップとかやりまして、それぞれにメニューとかアプローチを変えてほんとに、らしいライブをお届けしたいなぁ~と思っていだんですが、最後、日程的にもたった2日間しかできませんでしたし、だったらもういろんなモン入れてみっかなぁ~つって、あの、ずっとあっためてたことをとりあえずブチこんでみたら、あんな感じになったんですけど。。やぁ~久しぶりにそうですね、やぁ~T.M.R-e、ねぇもうなんかね、なかなかやる機会もなかったりとかしてましたし、あとは、そうだなぁ今回は、京都交響楽団の協力によって、あのもうそれこそ、まっ、やりつつでしたけれど、今のバンドのメンバーが居てくれることで、大島を含めてその京響さんとお話をして、ま、短いスイートシーズンっていう、特にシングルでリリースしたあの3曲っていうのと、プロローグ、エピローグをよりもっと、非常にその、あれはあれとしてなんていうんだろうな、きちんともっとこう。。本当は描きたい世界ってあったんじゃないかなっていうのを、追記するというか、あの形でアレンジもさらにさせて頂いて、なんなら、そうですね、プロローグ、エピローグの前に実は物語があったんじゃないかって、なんかビギニング的な事があってプロローグになって、その陽炎に繋がるみたいなものとか・・・ん~~っ、全体にもっとこう、組曲としてのそのなんかありようっていうのを、もう一度・・きっとこう僕があの当時はその、あの、ま、描けなかったというか、そうですね、心の中ではもっとこうしてたほうがよかったのにぃって思ったんだけど、なかなか言いだせなかった、で、それを時間がたった今だからこそ、本来曲ってものが、こうあるべきなんじゃないですかっていうことをもう一度皆さんに提案する・・といったかたち・・で、ま、プレイさせてもらったんですけど・・・やぁなんか感慨もひとしおでしたし、こみ上げるものも正直ありました、はい、これはもう隠しても仕方ない、実際2日目観にきていただいた方とかね・・・とりあえずリハで何が大変って、あの、続けて歌うのが、ほんとに・・その、なんていうんですか、キーが高いからとか歌唱、技術的なものが必要だからとかじゃなくて、いろんな思いがありすぎて・・あの~そうですね・・・またこうさぁ・・あれ俺、良くないと・・まぁそら、ま当日もしくは今後来た方にいろんな話聴いてもらえばわかると思うんですが、もう今回は、アリーナって場所ではあるんですけど、なんか、最前列をとったからラッキーとかじゃなくて、どことっても皆が満遍なく楽しんでもらえる造りって、どうやったら出来るんだろうって、ま、特殊な形のステージを、今までなかったようなものやらせていただこうと、で、たいがいトシもあってくるとね、みんなこう、スライドステージとか、ゴンドラとか皆、使ったりだったりして・・ね~まぁ遠くの皆さんにもお会いしま~すみたいな・・・あると思うんですけど、これ、負けたんじゃないかと・・いけるんだったら自分で行ったほうがいいんじゃないかってんでね、自力で行くというねっ・・ただストロークが長いだけっていう、まぁでも、そうでしたね、そういうなかで、だから、逆に言うとですよ、もう360度皆様がいらっしゃる感じなので、あのぉ~例えば、ステージでね、普通セットが後ろに建て込んであって、前に向かって皆さんにお送りできるってライブであれば、例えばこう・・もうあぁいうふうなモノやっちゃうと、当たり前ですけど、続けてずっと応援してくれてる皆からするとぉ、まっ、くるものもあるでしょう、ってなったら、こう・・・なんつんだろなぁ・・・もらっちゃうんで・・なんだよ泣いてんじゃんってなったりすると、こうステージがこっち側だけん場合は、ま少し視線をずらせば落ち着くんですよ、おほぉ~~っって逃げられるすけど、もっ、360度なんで、も、何処見ても逃げられない、もう皆ボロボロ泣いてるから、もう、ちょっ泣くの止めてぇ~っ・・みたいな(笑)もう~ほんとうにあれはよくなかったなぁ、いやいやほんとに



(ここから有料会員向け)

いやいやぁほんとに、そうなんす・・やぁ~まぁ、でもねっこれも一つの通過点かなと、いやおまえがって、いや皆さんがね、それをこう僕が、確かに僕がやりました、やりはしました、で、でこうそれを皆さんが受け止めていただいて、あぁなんか消化していただいてるなぁっていうのを観て、またこうくるものもあるっていうかね・・はい、いやぁ・・なんか・・そうでしたね、今回はもうほんとうに、ねぇ本来通常だとこれまでのライブとかツアーとかだと、だいたい本編終了間近くらいにやるセットがごっそりのっけにくるっていうね、んっ、スタートが・・みたいなことになって、マズ何が起きてるんだっていうね、皆さんが顔をして、えっ、嘘でしょっみたなことがドサッてやってきて、で、さっきまでビンってしてたやつがギューッってして抱いてきて、何このツンデレな感じ・・になるでしょっ、で、またおかしなことになるじゃない、いやぁもう~・・もう大変だったんだからぁ~あの真ん中へんのやつ、いやぁ、いや、でもね、なんかそのぉ例えばね、ま、ダンスもそうですけど、皆、楽なほうに流れるじゃない、というか水なんて低きに流れますから、でもねぇ・・・俺、なんか・・なんか、やんなきゃいけないなと思いましたし、あのぉあれをこう~観てもらってぇ・・・なんか・・それこそね、後輩も沢山観にきてくれてて、なんかあのそれみて、なんだろうなぁ・・うん、ひとりでも、あっ、まだ出来るなとか、まだやってるなって、俺のやってる感が伝わっただけで、僕はもういいなと思ってますし、もう、なんだろうなぁ、そこに、なんだろうなぁ・・ん~~っ、俺にとってやっぱライブとか、そのみてもらう人たちに、その・・何かと届けるってことがやっぱ僕にとっては生きがいなんだな、というか、そういうようなものでしかできてないんだなってことが、改めて僕も感じたしぃ、ほんとに、はい、そういった意味では・・あれもほんと、TGCでて、そん時にステージで逆になんか、もっと出来ることあるな・・いろいろこう~実際、えぇあれ、3月末だったもんねぇ、で、2月まで結構、ま、ハワイのイベントあったりとか、ま、それでいろいろあった中で、ほんとはもっとこうこういうことも出来たんじゃないかなって、すげぇ思ったんすよね、だったら、思ってるんだったらいつかどっかかたちにしようじゃなくて、もう、やったほうがいいなっと、うん、これ、なんかぼんやりさせて終るのやだなって、すげー思ってぇ、って、そっから、あの、えっと4月はいって、だから、バンドリハはいって、入る前に、僕一人だけダンスリハからスタートしたんす(笑)そうなんすよねぇ、いや、なんか恥ずかしいし、もうぶっちゃけ、なんかさ、なんか・・今まで自然に出来てたこともさ、指示されると、てんでダメな人なんすよ、僕、ふり移しがすごく苦手で、だから、なんだろう、そういうのどっちかというと、もういいじゃん、みたいな・・ん~ん~、でも、ん~でもやろう~って・・・思ったんだったら、もうとりあえず、これから思ってずっと・・・な、なんだろね、わかんないけど、なんかこれ、やんなきゃなとか、やりたいけど、また今度ねって思ったこと、とりあえずも、全部やろうって決めて・・・そっからスタートしましたね・・・その一つが、ま、あのコーナーっていうか、ダンサーの皆と絡んだコーナーだったりとか・・・ん~・・あ、宿題は別です、宿題は別の事です、また他にあります、はい、平行して別にいろんな事があるので・・・はい、そうなんす、いろいろ実は・・いや、言わないっす、まだ、うん、あのぉ自分でちゃんとかたちにできてから、皆さんになんか・・ん・・・ダンスもそうじゃん、実際ライブ観てもらって、あっ、これ、やってたんだって、きちんとやればこう人間ってちゃんとやればこうなるんだなって、うん証明ができて初めて、やったんだよ・・で、しかない、結果しかないかなと思っているので・・あの今、僕も別でもっと他にやってることは、いずれかたちになって、何か皆さんにお披露目できることになったら、また、あっ、西川、そういうことしてたの?って、だから、それはだから、TGCとかは、こういろんなパーツはあるんですけど、もしかしたら、そうですね、おしゃべりな筋肉というか、こうしゃれっぽくしたけどぉ、なんかあの、ほんとにただ僕自身にとってみたら、必要にせまられてやってたトレーニング、何年もただだただダラダラ続けてただけだし、だけどそれをこうこんなふうに、なんか人が見ると、なんかそれを評価する人がいるっていうのを見た時に、あっ、なんか積み重ねるってやっぱりなんかいずれかたちになるんだなとか、それを評価したり発表したりする場所がいずれなんかほっといてもくるもんなんだなと思うと、なんかやっといたほうがいいのかなと思って、ん~っ、思ったので、いろんな事をし始めましたっ・・・ということで
(プリロゼからのファンと言う人からのお便りを読む)
いやいや、こちらこそ・・やぁっていうかね、あれはほんとに水樹さんに感謝ですよねぇ、ご自分もねぇ、今、舞台の発表もあって、あのお忙しい中だし、ご自分もつい最近、ねぇ、それこそ出雲大社でライブやられたりとか、ほんとにねぇお忙しい中だったんですけど、まぁあのなんか、せっかくこういう機会の中でやっぱりなんか・・・僕ん中でもねぇ、その女性とあぁいったかたちでデュエットするっていうこともなかなかなかったですし、また、それをシングルにするなんてことなかなかなかったし、ん~そういう意味でもすごくその、ん~なんか、あそこに一緒に居てもらいたいなぁと思って、で、お願いしたら、もうあの、是非って言って頂けたので・・いや、なんかやっぱり不思議なもんで、ねぇ久しぶりに2人で声合わせると、全然ふたりであの曲、歌ってないんですけど、なんかちゃんとこうね、こうなんていうんですかね、不思議なもんで、こうあの、どこら辺でそれこそ音符をね伸ばして引き上げるかみたいなものもほぼこうおのずとわかるもんで・・いやぁなんかやっぱ凄いあの、コラボレーションって凄いなんか。。これまでの活動の中でもやっぱ面白いものだったんだなぁ~と思ったし、やぁでも、もうアレやっちゃうともうなかなか、ほら、ねぇ、ほかにぃ誰かとやるみたいなことも、あんまりパッと浮かばなくなったりとかするんで・あの、そうなんすよねぇ、ねぇ、もう~一枚アルバム作ればいいのにと思って、シングル(笑)、そう僕あのぉ、ねぇ、あれ、あれですよ、あの~まっ一回ソニーと相談して、あの専属外してもらうんで、仕切り全部キングさんにお任せして・・アルバム・・・キングから・・・出る感じって・・どうですかっ?(笑)三島さん、いかがですか、ははっ(笑)20周年も終ったんで、多分ソニーもっ、ねっ、このアルバムまではじゃぁ専属解放しましょうかっていうふうに・・・なぁ、無理かな難しいかなっ(笑)でもなんか話の持っていきようではね、あ、だから新たなデュオとして・・ねぇっ、そうそう水樹さんと西川で2人組みで新たな契約をキングをすればいいんですよっ(どうしてもキングなんだ、石川さんの声)いや、人のお庭ってさ、行ってみたいじゃないっ、なんか、ん~いいかなぁって。。っていうか俺は、だからこうウチでグイグイじゃなくて、だからもういいよ、全然いいよと、うん、いんじゃないかなって、もう皆さんがリンチもキングだし・・関係ないけど(笑)そう、なんかそういうのでさっ。。なんか、やったらどうですかっ三島さん、ねぇ・・そんなということでございます(観てないでしょ)そりゃそうです、いずれ何か伝染するかもしれないので・・ねぇ、人づてに聞いて聞いて聞いて・・あぁなんかそんな気持ちでやってんだ~と思ったら、もしかしらねっ、来年あたりねぇねぇ、シレっとアルバム出てるかなとか・・・あっはっはぁ~っ・・・いかがでしょうか、ねぇ~~~っ
(リスナーからのお便り)
ありがとうございます、やぁ~ね・・・ややぁ~~お恥ずかしい、あんなの踊ってるなんて、いやでもねぇほんとにあの、もう通しを何度もやるんですけどほんとにダンサーの皆もあのなんだろうなぁ、付き合ってくれて。。ん~やっぱり20分歌って踊るだけのメドレーなんすけど、あんだけの移動もあるじゃないですか、まぁ~やっぱ汗のかく量がハンパじゃない、もう~だからずっとあの、中途半端に仕事の合間にダンスリハ入れちゃうと、あの、その後の仕事ビショビショで行かなきゃいけなくなるので、あのぉそうですね、ジムの前に入れてもらうようにしたりとかしてましたねぇ~、そうですね、はい、なので、なんかまぁ今後どうなっていくかわからいませんけれども、ねぇなんかね・・・やぁいいじゃない、なんかそうですね、いや、もう恥ずかしいし、ぜんっぜんダメよ、だけど、だからって、これでいいよいいよってチャカさずに、ちょっとねなんか・・ん・・・ん・・・やればなんかちゃんとやっぱり・・・・ん・・・ん~・・・・まがいなりにもね、なんか、ちゃんと真剣に向き合えばなんかそれなりに、ちゃんとお釣りくるだなってことも感じたし、なんか喜んでもらえてる・・そのさぁ、丁度、ワイルドラッシュとかの時、とか、かなぁ~に、あの、ちっちゃい子がさぁ、真似してくれてるのが見えたわけ、もう~それで上がったなぁ~なんかっ・・なんかこう~やっぱもう僕の中でもそうだし、もうなんかあの曲をどうのこうのっていうのは、もうあのあたりの曲はスタンダードなので、もうなんか、歌として聴く、ウンヌンとかっていうよりも、あんな風にやっぱ楽しい曲っていうか、なんかいずれそういう風に観てもらえるような感じになってったらよかったなぁなんて思ったので・・はぁい、なんか今後もああいうものがちょっと、ねっ、出来る機会があってもいいのかもしんない
さぁもう21年・・勉強しないとねぇやっぱり、はい、やっぱりこうにわかに何もできないですよ、皆やっぱりそのなんていうんですか、でも、あーやってちゃんとこうなんだろうなぁ、努力って・・や、全部が全部報われないっすよ、ほんとに、そんなの当たり前だし、なんだけどぉ、いや、いいなと思って・・・緊張したり、死ぬほど緊張したりほんとにこうなんかいろんなものをこうもっかいやり直したりとか、もう苦しんだりすることってやっぱり、あの、大事なんだな、いろんなモノを生み出す原動力にやっぱりなるんだなってことを痛感して・・・はい、そうですね、年齢に勉強するもしないも関係ありません、頑張ってまいります・・えーーーっかたちになるかどうかわかりませんがこれからもまだまだ精進してまいりますので、この先も引続き応援のほど、よろしくお願いしたいと思っておりま~す
それではまたイエノミでお会いしましょう、次回は6月の1日でございます、二週間後ってことで、それではまた次回でございます、ありがとうございました
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
たまアリ・・10日前(;^_^A
 
 
【2017/05/24 23:01】
 
 
ライブレポが翌日に沢山のサイトで記事になってましたが、10日経って、遅ればせに、OKnusicでライブレポがUPされました

『T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-』
2017年05月13日@さいたまスーパーアリーナ


や~~っ、嬉しいなぁ~、ほとんど同じ写真が使われてるんですが、-eのは、ここだけ違う写真がある、嬉しい

私もすっかり遅くなったメモですが、やっぱり書いておく、ダラダラ自分だけのメモ



さて、翌日14日
・・・・この日ライブ終わりで帰れるか?と検索したんですが、博多までなら帰れるけれど、そこから家まで帰れない・・ってことで、2泊したわけです・・・のんびりのんびりっ

12時からのグッズ販売に並ぶかなぁ~とも思ったんですが、せっかく出てきたから、丁度、エルミタージュ美術館展やってたから、六本木まで出かけて行って・・・
まぁ~交通機関がさっぱりで、一人で迷い迷い(笑)駅員さんに聞きまくり・・・東京は何処に行っても人が多いね、びっくりな人の多さだったわ

そして、前日は悪天候でグッズ買わなかったから・・・あのステージ見たら、セットの豪華さに、「はっ、お金かかってる、グッズ、買ってあげなきゃ」って思って(笑)グッズの列に並ぶかなぁ~と会場に向かい・・・友達が並んでいたので、ちゃっかりお願いしてしまった、感謝です・・

この日の座席は、前日の丁度反対側、マヴェさんのアナウンスに笑う  「僕は3万~7万買ったよ、金額じゃない個数だからねっ」・・ってグッズ購入を推す(笑)開演前に、2回、終演後にもマヴェさんのアナウンス

・・・前日に水樹さん側だったから、反対側の今日は西川君を正面で見れると思ったら・・・・あらっ・・この日は水樹奈々さんは居らず中央で西川君一人で始まるプリロゼ
サプライズ登場は初日だけだった・・・

前の日に、最初から最後まで号泣したから、2日目は、大丈夫と思ったら、もっと泣いてしまった
この日の西川君のお話は、とてもとても泣けた

前日は月紅・・この日は、反対側で、かがり火と・・・陽炎の西川君の姿を・・・
そして、中央花道の先端で歌う雪幻は、西川君は歌えなくなってしまった・・・泣くよね、やっぱりどうしても涙が出るよね
当時を知らない、事情を知らないファンも多いでしょうが・・・-eをこうやって歌ってくれたけれど、ファンですら辛かった時期を西川君はどれほどのものを背負って悩み苦しみ頑張り抜いて傷ついて、それでも歌い続けて(後日のゲスノミでは、会場が泣いてるから、どうしても貰ってしまったって言ってた)

(・・・もう10日も過ぎてしまってて、メモ書きを、整理して書いてるつもりだけど、もう記憶は曖昧になってしまってます)

なんとなくのニュアンス・・・こんな感じのMC

今日はゴールデンウィー(キ?←ここがちょっとおかしかった)明けで・・・(えぇーーっ)何だよっ!細かいなぁ!その重箱の隅をつっつく感じ、嫌いじゃないです

何、ヘバってんだよっ、休んでる暇なんかねーんだよ、誰だと思ってんだ!西川だぞ!

皆が、最近、やりすぎじゃないの?ちょっとふくれすぎなんじゃないの?って思ってるでしょうが、・・日々の積み重ねがいかにステージに生かされているか 穏やかな湖のよう、息一つ切れていません、自分でもびっくりしています、有り余る体力、ここでしか使う場所がない、さぁ、存分に見るが良いっ!(と、腕を開いて胸をはる)会場から、脱いで~~~っの声
うるさいっ、後で脱ぐだろ、知ってんだろっ

昨日の感動的なライブだったのに、家に帰って、犬のウ○コを3,4個ティッシュに拾って、流しちゃだめよね・・・・って思いながら、流しちゃった(笑)もう家族ですからねぇ~10年ですよ・・(お立ち台の先の空を見つめながら、話かけるように)ねぇ~っそうだよねぇ~っ・・・(笑)あれ?俺、誰に話かけてんだっ、幻覚見えてる(笑)

生まれた時は何も持ってなくて、いつの間にか息苦しくなったり、でも夢はどんだけ持っても荷物にならない、俺は今この瞬間も夢を見てんだよっ!

まだまだって本気で夢を見ています、バカでしょ、でもこれが俺なんです

アンコールってどういうものか知ってますか?(まさか、また怒られるのかと・・)本来は求められてやるものなんですが、俺がやりてーんだよっ!終りたくないんだよっ、まだ電車あるでしょ、なんの為に16時から始めたと思ってんだよ、今から扉閉めるから(笑)いやいや、嘘、そんなことはしませんが・・・(会場が喜ぶ、閉めてー、それが西川君に伝わらない・・)えっ?何?禿げてる?ええ~~っ、この何時間かで??嘘でしょ?・・・え?フ○・・(忘れた、筋トレの何か)大胸筋を鍛えるやつね?もう~っ、ついてこいよっ(話はあいまいなまま、歌へ)

僕をデビューさせてくれたレコード会社は今はもうありません…なくなっちゃった、でもね、そこで関わった人が今日見に来てくれてたりしてるの (このデビューの頃の話をしてくれたんだけれど、はっきりと覚えてない、T.M.Revolutionでデビューすることになって、その名前で戸惑ってたこと、何?一人?Revolution?はぁ?みたいに思われて、自分でもつじつまあったことが言えてなくて、革命なんて、何すりゃいいんだって・・でも途中で諦めていたら、この景色は見れなかった、興味を持ってくれた人が、会いたいなって思ったときに、歌っていなかったら会えてない、皆が会いたいって期待してくれるから、そんな思いがこれを作ってくれている、だからありがとう・・みたいなことを・・・)

(LIGHT MY FIREの前に、この詩を書いた時の話をしてくれて・・これも、なんとなくの記憶ですが・・)
20年、いろんなことがあって、言えないこと、言っちゃダメなこと・・・この曲の歌詞を書いた頃のことを思い出して・・・あの時、僕は誰に向けて歌や想いを届けたいんだろう、そう思った時、家族やお袋や親父や、もう会えなくなった人たちのことが思い浮かんで、その人たちに届けるとしたらどんな言葉だろうって考えてこの曲の歌詞を書きました、もう言った本人もきっと覚えてないだろうけど、歌詞をみて冗談と思われたのかもしれない「羽根のない翼って何?(笑)」・・みたいな・・それを聞いた時、僕は、ここから離れよう、僕は一人でやっていかなきゃいけないってそう、思いました、思えばあれが僕が新たな一歩を踏み出すことを決めた瞬間だったような気がします。・・・どんな風に届くんだろう・・こんな大切な場所で大切な瞬間に届けるのに一番ふさわしい曲になりました


ライマイも涙を浮かべて、頑張って歌ってた・・・この日も金銀のテープが飛んで会場は幸せな感動の笑顔がいっぱいで、何度も何度も私らにありがとう、って繰り返し言葉にするステージの西川君が愛おしくてたまらない・・って愛情に満ちた熱のある空気が、もう感動でしかない景色、ここに居れてよかった

あーーーーーーーっ、もっともっと沢山、西川君の一言一言、覚えていられたらいいのにっ、いい顔してるんだ、綺麗なお顔してるんだ、ステージで歌う姿が、20年経って今更だけど(笑)なんてカッコいい人なんだろう~

広い会場の何処に居ても、近く感じられるよう、隅から隅まで走りまわって歌って笑って、自分でも言ったけど、息ひとつきれない歌声の素晴らしさ・・・歌詞は?ってのもあったけど
曲に合わせた照明や映像に、一曲一曲・・・あぁ~って・・なってとにかくすばらしかった
言い尽くせない思いは、きっと6月に放送になるM-ONで・・・なんと3時間、放送してくれる、たっぷりだよ、楽しみだわ
自分の座席からの景色しかみれてないから、全方位で観たい、カメラに収められた映像、全部編集せずに見せて欲しい(笑)

サポも素晴らしい、5つのスクリーンにそれぞれが映ったりする、皆、いい顔しててバカテクで、やっぱり慶君がかわいすぎる、彼は自分でそれがわかってる(笑)柴さんも相変わらずのクオリティで愛されキャラ、花道に出てきたはいいが、皆と同じタイミングで戻れなかったり・・・なんかもう~ね、西川君を支えてくれてありがとうのメンツだよ

京響の皆さんとダンサーも全員で挨拶して・・・スタッフや関わったすべての人に感謝の言葉を・・・
・・・坂西伊作さん・・天国に見ててくれたかなぁ・・頑張ったよ、西川君、頑張ってるよ西川君、これからも頑張るよ西川君
大雨降らせたおじいちゃんも、きっと満足して安心してくれたよね、葛GもTwitterで応援してた、葛Gの「たー坊」に今でも愛を感じる、支えてくれてありがとうだよ・・・・

最後の最後、ステージを去り際に、口に当てた手をステージの床へ・・・・いつもステージにあがるときにやってる彼の儀式

始まった21年目・・・歌うことをやめることはない、もっと・・と目指す先へ、ささやかに応援するよ
もう年齢的に、さほどの熱は発せられないから、かすかな声を届け続けられるように、せめてボケずに(笑)同じ時間を過ごしていこう

初の私の記念ライブ遠征・・・不安とドキドキと感動と感涙と安心と期待と・・・楽しかった幸せだった、ありがとう
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
初の僕誕。。たまアリ
 
 
【2017/05/24 23:00】
 
 
『T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-』
2017年05月13日  さいたまスーパーアリーナ

20年弱、西川君好きで・・でも、僕誕のイベント参加経験なし
関東の大きな会場も参加したことなく・・・子どもたちが居ると家を空けれなかったり、金銭的なものもあったし

この20周年の締めくくり、21年目の始まりのさいたまスーパーアリーナ、これは参加したい、と、生活の環境も、もう旦那だけだし、二晩空けても大丈夫だろう~もう還暦前、迷わずに参加(笑)

遠征のたびに吐きそうになるほど・・・多方面で不安すぎてっ憂鬱がマックス状態
そもそも位置関係がわからないから、宿選びから、飛行機の手配やら、ネットで検索すれば、それは簡単に情報が沢山出てはくるんだけれど、何を選べばいいのか、それだけで疲れ、間違い手違いがないかで、何度も何度も確認しては疲れ果て・・・家を空けるので、その為の家事や支度や・・ホント憂鬱状態で家を出る

飛行機が高度を下げ始めると、耳の辺りから左アゴにかけて激痛で・・気圧の変化のせいだろうと、察しはつくが、東京着くと同時に耳鼻科に行かなきゃいけないんじゃないかと思うほどだったが・・・降りてしばらくすると治まった

着いた先は、まさかの悪天候 風と雨と気温の低さ、見た事ないほどの人の多さ、会場の大きさに、田舎モンのオバさんの気持ちはアガルより、どうしたもんか・・・雨も酷いし、周りを散策することもなく・・・
Twitterのフォロアーさんと、お初でお目にかかったり、いつものメンツに会ったりと・・・雨だし寒いし、人、多いし・・グッズは翌日でも・・と、歳相応の欠ける参加意欲・・・悪気はない、協力したいが、悪天候の中、グッズに並ぶ元気は・・すまぬ

ゲートから入ると、見た事のない大量の、有名アーティストや音楽関係やテレビ関連からの・・お花が通路にズラリと並び、どこまで続いているんだろう~というほど並んでいて、私は、当然、こんな光景は初めて・・・すっげーーーっ

広い会場、遠いと思っていた座席は、思ったより全然で・・・いつも座席運の無い地元サンパレスより、よほどステージが良く見える
四方に出来たステージに、かなりワクワクとしてくる、マヴェさんの場内アナウンスに、ニマニマしてしまう
こんなに沢山の人が、西川君を応援してるんだ、好きなんだと思うだけで始まる前から泣きそうになる、これからいったいどんなステージ?何から始まる?何が始まる?・・・わー、楽しみっ

そして予想だにしなかった、プリロゼのイントロ・・はれっ?私の前には、赤いドレスのっ・・・ひゃっ、水樹奈々さんっ、えっ、西川君何処????・・・反対側に西川君、居るっ、ひゃっ、衣装衣装っ衣装っ、豪華っ、もっと良く見たいの、近くでじっくり見たいの、こんな衣装、久々じゃん、わ~嬉しっ・・・オープニング曲のチョイスとその姿と、始まったライブですでに涙出てくる私
魔弾,DOUBLE-DEAL で、炎の特攻、ラブセで、スモーク

衣装の豪華さ、ステージの造り、サポの衣装も西川君の衣装に合わせたコンセプトでカタチはそれぞれ・・・素敵なぁ~素敵なぁ~
嬉しいなぁ~興奮しっぱなし

両サイドに大きな固定スクリーン、ステージ上に稼動式の5つのスクリーン、映るサポの姿も、慶君の可愛いお顔が5つのスクリーンに映ると「かぁわぁ~いいなぁ」と・・
ステージサイドにクレーンカメラ、場内はハンドカメラで撮影するスタッフ・・ラブセの頃かな、暗い中を私の前を弦楽器を持った人たちが中央ステージへ向かう・・・あ、バラードは生のストリングスか・・と思いながら・・・

落ち着いた中、中央に円になった弦楽器が奏でる演奏は・・・すぐに-eの曲の始まりと想像がつく、やるってわかってたけど、もうもう、もう~泣くしかない
通路ステージが斜めに上がり、階段を上がって来る西川君の姿は・・・右半身白、左は黒・・その意味が、そう衣装で表現した意味がわかるから・・・それだけで号泣・・・私とは反対方向へ向かう、私はその背中を見つめてて・・・炎の横で、陽炎を
私の方へ・・・こちらでスモークの中、月虹を・・・もう~姿が涙でかすむよ・・・なんて歌声だろ、どんな思いで歌ってるんだろ、よく頑張ったよね、頑張ってここまできたよね・・・そして中央で・・・雪幻・・・雪が舞う・・・
私は雪幻には、当時いろんな事があって、とても思い入れの強い曲で、号泣もいいとこだった
T.M.R.が20年とはいえ、今まで口にしなかった-eの期間を、どうとらえているんだろうと思うこともあった、古参の私らは当時の事情は知っているから・・・辛い時期を越えて続けてきたからの今の景色・・・ステージから西川君が去ってから、叙情たっぷりな弦楽器の演奏が続き、その音の波に、ステージの5つのスクリーンに映しだされる映像が・・・・空撮された険しい山、崖、流れる川、緑の山・・おだやかな青い空に鳥が羽ばたき、蕾の花びらがゆっくりと開く、そして美しい太陽(昇る朝日か沈む夕日かは、私の乏しい想像力ではわからなかったけども)
・・・この3曲を今の西川君が歌ってくれている、その意味・・もう聴けるとは思っていなかった、夢かと思えるほど感動した
長く応援してる、ココにこれなかった人たちに見せて聴かせてあげたい歌声、歌う姿だった・・・迷いの無い力強い素晴らしい歌声のバラード、スクリーンの映像と、物語のような心にしみる生演奏、アレンジは大島さんなのかな・・名曲3曲、大ちゃん、ありがとう、すばらしかった

・・・もう~私、顔、グチャグチャ

感動に浸っていると・・・ダンサーの女性がステージに登場・・・さて、何が始まるんだろう~っ
・・・・と、今までに聴いたことのない、リズムで、ドンチャカドンチャカ・・ハテ?こんなんで始まる曲とかあったっけ??えっ??

やだ、登場した西川君ったら・・・かわいい(笑)
ホワブレ???EDMに完全アレンジで全くいつもの調子で乗れな~~~~~~い、どう乗ればいいの?とりあえず西川君の真似して踊りながら聴く(笑)
やだ、楽しいぃ~可愛い~楽しいぃ~~、西川君が楽しそう、嬉しそう~
ハイプレはダンサー2人とセリ上がりのステージで・・・ハイプレのPVみたいよっ
西川君、ダンス、頑張ったねぇ~
衣装が、グッズのサークルブランケットみたいなデザインで、サルエルが可愛いぃ~~っ、テレビのワイドショーで見る映像だと、なんで、あんなプニプニした腕に見えるんかしらね、しかし、楽しぃ~~可愛いぃ~楽しいぃ~可愛いぃ~っ

全方位から見たかったよ~~っ・・・そして、バカテクのうちのサポは凄い、豪華バンド演奏タイム

そして、お色直しした、メッチャ素敵な西川君、今回の衣装、素敵だわぁ~好みだわぁ~いいわぁ~(笑)
とっておきのお話・・・が終ってだったかな?ここで、やっと、この日始めてのMC
アルビレオは、ジャニーズみたいに、ゴンドラに乗って
本編の最後が剣心・・・「これしかないだろ~っ、愛してるぞ~~っ」花道の先端でクラウチングスタート、ステージへ猛ダッシュ、お立ち台に飛び乗って、ニコッ、メッチャ元気っ

ライマイで、金銀のテープが飛ぶ、アリーナ席から外れたテープをスタッフが束ねて片付けてたの欲しかったなあ~
ありがとうの言葉を何度も何度も繰り返していた西川君
私の初めて参加の僕誕ライブ、20周年のラスト、そして21年目の始まり、「何をしよう~か?」と弱った顔をしていた西川君なのに、20年をギュ~~ッといろんな物を詰め込んでくれて、経験したことないほど、最高の日だった


Preserved Roses
革命デュアリズム
夢幻の弧光
Zips
魔弾~Der Freischutz~
LOVE SAVER

陽炎-KAGEROH-
月虹-GEKKOH-
雪幻-winter dust

WHITE BREATH
.蒼い霹靂
WILD RUSH
HIGH PRESSURE
HOT LIMIT

とっておきのおはなし~新説恋愛進化論
.Albireo -アルビレオ-
UTAGE
crosswise
SWORD SUMMIT
DOUBLE-DEAL
HEART OF SWORD~夜明け前~

RAIMEI
VITAL BURNER
CHASE/THE THRILL
LIGHT MY FIRE


どんなライブだったかは、音楽サイトなどで、プロの方がレポートされていて、そちらをご覧くださいませね
テレビでのOAが楽しみ、是非、映像化してもらわねばっ
MCも、サイトのレポで書かれている事しか、私も記憶に残ってない

かなり遅く15曲終ってやっと・・ニコニコ「今更ですが・・ライブレボリューションへ、ようこそぉ~っ」「なんか・・みんなニヤニヤしてるから、お○んちん出てるのかと思って・・見たけど、出ていませんでした・・あれ?竿は出てないけど玉は出てる?と思ったけど出ていませんでした」「20周年のライブを繋いできて、皆が、アレも食べたい、これも飲みたいって言うから、全部詰め込んだら、酷いことになりました(笑)これもひとえに皆のせい、僕のせい、全員共犯者」「放っておくから、また脱いでしもうたやないのっ、まだ歌わなあかんのやで、どうすんの、次、バラードやったら、どんな気持ちで聴いたらええの?そんなバラード、両方の乳首出てるやないの、えぇっ!」「いやっ・・自分でも計算できてないなぁ~思ってました、変な汁が出てます、皆もやろ?」「もう皆、乳首に気をとられすぎ、見んで(両腕をよせて隠す)、あぁ今度は谷間、見てるっ!」「必死にあがいて、一生懸命自分の居場所を確保するために、大きな声で歌うしか出来なかった・・・穏やかなときはなかった、そんな航海でした、悔しいことや、腹が立つことのほうが多かったかもしれない、でもこんな素晴らしい瞬間を味あわせてもらったら、やめられない、20年、生まれた子どもが二十歳ですよ、凄くない?、考えられない・・・二十歳の頃、ひと旗揚げたくて、大阪から東京に出てきました、狭いアパートでなけなしの金で、ろくなもん食ってなくて・・・その時に思い描いていた自分とは、もしかしたら違うかもしれないけど、でもそれ以上の瞬間を迎えられているのかもしれない、それもみんなのおかげです、ありがとうございます」・・何度も何度も「ありがとう」って言うの
「前にどこかで言ったかもしれへんけど・・70億もいる中から、僕を見つけてくれてほんとうにありがとう」(泣)「久々に凄い土砂降り、すんません、きっと爺ちゃんが見にきてるんやと思います、思えば爺ちゃんを連れてこの1年、いろんなところへ行ったような気がします・・来なくていいって言ってんのに、孫の事が心配でしょうがないみたいで・・こんな大事な日に雨降るなんて、そう思いたい・・」
ラスト、ジャンプの前に、しゃがむ・・・「・・さすが、濃い皆さんばかりで・・」

会場を出ると、雨は上がってて・・・お爺ちゃん、きっと安心したよね

ライブ終って、お友達とご飯食べて、ホテルに向かう、まだチェックインしてなくて・・・
11時近くになって・・・駅から5分ほどなのに、なんと・・・風俗店ばかりでびっくり(笑)ホテルは新しくて普通のホテルなのに、そこに行き着く数分の道が、なんとも、ヤな感じ(笑)
・・・のんびり家事を気にしない夜をまったりライブの余韻に浸る・・・・

・・・幸せすぎて眠れない夜だった
 
 
 
▲TOP