つらつらと・・・家族、仕事、西川さんのことなど・・甘ぁ~い明太子なのだ
 
 
 
 
今日は007と絵画と・・
 
 
【2012/12/03 23:29】
 
 
今日はいつもの映画館にチャリで行くつもりでしたが
アジア美術館で中島潔展をやってると教えてもらったので
これは是非行かねばっ・・と、キャナルの映画館に行くことにしまして・・

映画はポイントでタダで観まして、美術館の入館料と交通費・・
ちょっと私には贅沢ですが・・・

映画は、初めて007を観てきましたっ
007って、昔のをTVでしか観た事ないですし
ダニエル・クレイグのボンドになってから、観てないぃ~
今日の「スカイフォール」を観て、「カジノ・ロワイヤル」と「慰めの報酬」も
ちょっと観てみたいかもぉ~とか思った・・

古いボンドしか知らないので、全く雰囲気が違うのね、ピアース・ブロスナンと・・

冒頭のド迫力のアクションシーンで、かなり気持ち持ってかれ
アデルの曲の長いOP映像
このいきなりの派手なアクション・・・予告で観れる、あの列車に跳び降りて
シャツを直すシーンのクールさっ・・・
これから、どんなシーンが見れるんだろう~と思いきや
その後、さほどのアクションシーンは無い
ただ、影だけで格闘シーンがあったり、上海やマカオといった
きらびやかさだったり、高層ビルの背景に浮かぶ・・・クラゲ??(笑)
映像は、かなりクールでスタイリッシュ

私は後半がちょっと物足りなさもあったけれど

ネタバレは、始まったばかりなので控えまして・・・

古いファンには多分嬉しいんだろう~なぁ~と言うシーンもあり
これは世代交代というか・・・
007といえば、ボンドガールと秘密兵器(笑)
女性との絡みは、イマイチ、昔の作品ほどのインパクトが無かった
秘密兵器も、もうちょっと面白みがあってもいいけど
こんな進んだ時代だから、昔ほど目新しくも感じないか
これを開発してる、Qが、とっても良かった
コンピューターを使いこなすオタクなイマドキの若者なんだけど
なぁ~~んか、存在がいい感じっ
悪役のシルヴァは、最後は悲哀すら私は感じてしまった・・
ボンドの・・あまり変わらない表情で、ハラハラとこぼす涙が人間味あって
ジーンと・・・

まだ2作、作られるらしい・・・ダニエル・クレイグになった時は
かなり批判もあったけれど、いい感じですよね

そうそう・・・悪役達の隠れ家がっ・・はっ、ここはっ・・と思うシーンが
最後のクレジットをみて、やっぱりかぁ~と・・・
それくらい、あの島はやはり珍しい景観です・・

お昼過ぎまで、映画を観て、歩くこと数分のアジア美術館へ移動して
中島潔展へ
   moblog_d415a24b.jpg
これは、もう~~~良かったぁ~~っ
観れてよかったぁ~~感動したわぁ~~凄かったっ
傑作と言われても、さっぱりわからないような画家の絵もあるけれど
中島潔さんの描く絵は、誰が見ても上手いって思うわ
一つ一つの絵に、何かを感じる
描かれた子どもや女性の表情やしぐさ、花や木々や空の星や降る雪、散る花びらや飛ぶ鳥
何もかもが絵の中で物語る・・・想像して見入る
絵に込めた思い・・・素晴らしい人柄なんだなぁ~
日本人にしか描けない絵ですよねっ・・・素晴らしかった
18でお母様を亡くし、故郷を飛び出し独学で絵を描き・・・
・・・絵の中の子どもによりそって、いつも居る子犬は「うめ吉」っていうんですが
亡くなったお母様の名前からつけられたそう
いつも心に大切に思い続けているお母様へ感謝の気持ちと大切な故郷の景色
これからもお体を大切に、素晴らしい絵を描き続けて欲しいですね

・・・また元気をもらうことができました・・
スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://ogaturbo.blog.fc2.com/tb.php/6166-2c67d463

 
 
 
▲TOP