つらつらと・・・家族、仕事、西川さんのことなど・・甘ぁ~い明太子なのだ
 
 
 
 
「アウトロー」を観てきました
 
 
【2013/02/12 15:11】
 
 
天気予報どおりだなぁ~~
映画館出たら、雨だったよぉ~~

もうちょっと時間をつぶして帰りたかったけれど
買い物にも寄れずに帰宅ですよぉ~

そうそう、チャリで映画館に行く際、中国領事館の前で、男性がマイクで何やら抗議していて
周りに、警官達が大勢・・・
何事も無いように、ただそばで見てるだけだったけれど
・・・そりゃぁ~~~言いたくもなりますよね、声を上げたくなりますわ
最近の中国関連の報道では・・・

しばらく、この近辺は警備も厳しいのなぁ~~


そんな中、「アウトロー」を観てきましたよぉ~
・・・ネタバレありですよぉ

感想は・・・・ん~~っ、可もなく不可もなく・・・って感じだった
面白くなくはない・・・期待のしかたにもよるんだろうけれど
トム・クルーズだから・・と過剰に期待すると、物足りない
言い換えると、落ち着いた映画・・・
もう~~トムだから・・・と、ビクビク、ヒヤヒヤとすることがない(笑)
アクションを期待すると、わりと少なめ
ただ、ただ殴りあうとかではなく、これまでになく、効率のいい格闘シーンが目につく
やっぱりカッコいいですぞ、この格闘シーンは

チョイチョイ、笑いを挟むのが、あれっ?って、気が抜ける
カマロで訪れた家のバスルームで二人に襲われるシーンは、喜劇かと思ったわ
ヒヤヒヤする事もなく、なんだあのシーン(笑)
バス停で、キャップをさりげなく貸してくれるシーンや
バスの中で、キャップを返して、ニッって笑う口元や・・・

それにヒロインの女性弁護士ヘレンと、何やらあるかと思いきや
予想を裏切って、ロマンスっぽいものはなく、キャラがクールでニヤリとする
・・・ヘレンの胸がやけに、記憶に残っているんだが・・・(笑)

他のアクション映画と違うのは、尺が長いというか、カット割りが少ない
落ち着いて観れるけれど、スピード感が足りない
無駄とも思える長い台詞があるかと思ったら、無言のシーンが続いたりと
ちょっとバランスが悪い気がしたんだけど
わざと、そういう創りなんだろね、この映画は

落ち着いて観えるのは、ヘレンの父親役のリチャード・ジェンキンスだったり
射撃場のおやじさんのロバート・デュバル、最後に殺される悪役がとてもいい味で
安心して観れる感じ

あの黒人の警官・・結局悪い人だったけれど、最初っから物足りなかったけど
最後も、なんか、訳わからないままリーチャーに撃たれちゃったなぁ
悪の道へ進んだ理由は何だったんだろう~~
そのうちわかるよ・・と言って、わからないままだった

断片的な情報から確信に迫るミステリーっぽさもありがちで、もうちょっとな感じしたけど
多分、日本語の売り文句を何も知らずに観ると面白かったんだろうと思う
イーサンを超えるのは難しいだろうけれど、何だろうなぁ~、もうちょっと・・って思ってしまった



さてっと、旦那は寒い寒いと、ストーブつけて、ビール飲みながらTVを観てますが・・
外は雨だし・・・
・・・部屋の片付けでもするかなぁ~~っ
スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://ogaturbo.blog.fc2.com/tb.php/6298-4fbda683

 
 
 
▲TOP