つらつらと・・・家族、仕事、西川さんのことなど・・甘ぁ~い明太子なのだ
 
 
 
 
夏休みもあと少し
 
 
【2014/08/25 19:38】
 
 
夏休みもあと一週間ですねぇ~
もう夏休みも何も関係ないけど・・(笑)
私の年代だと、孫の夏休みが・・・なんてこともあるのかなっ

子供たちも、夏休みの宿題が・・・とチョイチョイ聞えてくる時期なのかな
・・・と、こんなニュースが・・・

宿題代行業者 3社連続で「手一杯で受けられない」との回答

・・・バカばっかりっ
何やってるんだ、信じられない
宿題をしなかったんなら、しないで、学校で先生に叱られる覚悟で行けばいいし
親を頼りにするのも、そもそも間違ってるし、
子供の宿題に手を貸すのは、まぁしょうがないけど、それ以外に
こんな業者に依頼する親が居るなんて、おかしいよっ
時代は変わったとはいえ、こんなことやっちゃ、子供のタメにならないでしょうに
両親が仕事で忙しくても一ヶ月もある夏休み
子供の宿題を見てやれないハズがない

読書感想文や絵画の代行なんて、そんな作品を提出しても
学校の先生には、わかるでしょ?
そんな事が見破れないほど、今の学校の教師って生徒を見てないのかね(笑)?
いや、これはもう親がダメじゃんっ

何はともあれ・・・子供が業者に依頼するんじゃなく、親が依頼するんだろうから
子供より、親が間違ってると私は思うけど・・・
こんなことはやっちゃダメだよ、子供のためになるハズがない
宿題を・・・やらなきゃいけない事をやらなかったら、それなりの罰を受けるのも学習だよ

「読書感想文(本の指定なし)が原稿用紙5枚で1万円、水彩画が8000円」
・・・結構なお値段っ

・・・・・私がやろうか?(爆)



ちなみに、私は子供の頃の夏休みは、宿題を2、3日でほとんどやってしまって
残りの夏休みは、すべて自由課題、図画工作に費やしてました
アイデアを練って練って(笑)、物の無い時代だったので、工作の材料をご近所から集めて
空き箱や、包装紙、ビンや缶や紐や・・・山に行って葉っぱや木の枝や
川に行って面白い形の石ころや・・・
集めたガラクタを前に、毎日、いろんな物を作って遊んでました
・・・・物の無い時代でしたが、思い返せば、あんなに想像力を働かせて
毎日毎日熱中して、何かを作ってたのって・・・子供だったからでしょうねぇ~(笑)
描いた絵や、作った工作を・・・どれを学校に持って行こうかと・・・
学校が始まると、その自由工作の作品展があって、大きな廊下に展示される
その一倍いい場所に、自分の作品が並ぶのを期待して・・・(笑)

・・・大昔の話だねぇ~

もう今は、2、3歳の子でもタブレットで遊んでるんだから・・時代は変わったわっ
歳とるハズよねっ
スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://ogaturbo.blog.fc2.com/tb.php/7170-90367908

 
 
 
▲TOP