つらつらと・・・家族、仕事、西川さんのことなど・・甘ぁ~い明太子なのだ
 
 
 
 
思い出の・・・
 
 
【2014/09/15 01:39】
 
 
もういいトシなんだから、自分の悪いところはわかってる
だが、直せないんだな、コレが・・・
それも、自分だからしょうがない
何度繰り返しても・・・わかってるんだけれどな

今日は一日、イナズマのイエノミ出張版をチョコチョコ見たり
ネットをボーっと眺めたり、TVの映画チャンネル観てたりと・・
もてあます時間を何かせねば。。。と思うけれど、何にも手をつけられず
手芸の本でも見ようかと・・・目にとまった本が
・・・・久々に開いた、この本
   moblog_c2b3a3f4.jpg
今みたいな状況に落ちた時に・・・そうだ、今までも、ひねくれそうな時に
開いてみては、前向きにさせてくれる
もう、今では、よく知られた、星野富弘さん
「風の旅」という詩画集なんですが・・・

これ、結婚する前、男友達の一人に、プレゼントされた物、もう32年も昔(笑)
高校の同級生で、卒業しても遊び仲間で男子5,6人、ずっと仲良かった
思いを寄せてくれてたけれど、私は特別な思いを持たないままでしたが・・・
頼りになる、頭のいい人で・・・
悩みごともよく相談してた・・・・家に籠って酷く落ち込んで、外が灰色に見えてる頃があって
「外に出てみれば?」と誘われて、その彼の職場にバイトに行くようになって・・・
そこで知り合って一緒になったのが、旦那なわけだけど

まだ、遊ぶのが楽しいばかりの私は、誕生日に、こんな詩画集をもらっても
キザなことを・・・なんて思って、あまり嬉しいなんて思わなかった
確か、すぐには開かなかったし読まないままだった
でも、結婚しても、すぐに思い悩むことばかりで・・・

・・・この詩画集、その度に、考えを改めさせられる

この詩集をくれた彼は・・・・私よりも、私の悪いところを知っててくれたのかもしれないと
・・・今ごろ思うよ・・・当時は上辺だけで、ありがとうと言ったけど
ごめんよ、心からありがとう・・・もう届かないだろうけれどね

星野富弘さんの詩には、ハッとさせられる

・・・まだ、私には手放せない一冊
・・・・って、全然成長してないな、しそうにない
スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

また違う人生が有ったかもですね・・・

私も結婚した当時は・・色々と・・思い出す人もいましたが・・

今はスッキリ忘れられました


その本私も持ってます

一人暮らしの時お隣の年上の女性方から借りて
そのまま・・返しそびれて・・何処に行かれたかも判らないまま・・

若い、碧い思いがあります
【2014/09/15 08:01】 URL | turkey #- [ 編集]

Re: タイトルなし
>turkeyさん
こんばんは

あっお持ちですぁかっ(*^^*)
素敵な本ですよね・・・
ふだんは忘れているんですが・・・こんな時だから
目にとまったのかもしれないです(笑)

若い頃は、いろいろ、それなりにありましたよねぇ(^◇^;)
今の知識や経験で若い頃に戻れたら、失敗しない人生が送れてるかもっ?
な~~んて、思ったりもしますが(*^^*)
現実を見なきゃ~~ですわ
強くならなきゃぁ~d(^_^o)
【2014/09/15 19:49】 URL | 明太子 #ya6YmAiM [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://ogaturbo.blog.fc2.com/tb.php/7192-6176b5fd

 
 
 
▲TOP