つらつらと・・・家族、仕事、西川さんのことなど・・甘ぁ~い明太子なのだ
 
 
 
 
18日のウラノミ
 
 
【2017/05/25 23:47】
 
 
前回のウラノミ・・ゲスノミ、13,14日とSSAのライブが終って、18日の放送でしたが、ライブの事に触れ、お話をしてくれて、見れなくなっちゃうから、書き起こしとく
ライブがとってもとても素晴らしくて、-eの話や、ステージの事や思いを、いい表情で話してくれて・・
無料チラ見せの部分しか見れなかった人が、もしかしたら・・読んでくれたら西川君の気持ちがもっとわかってくれるかなぁ~とか、自分もいつかまた読み返すかもなぁ~とか思いながら、書き起こしてみた



(無料チラ見せ)
無事に20周年を完走することができました、まことに皆様ありがとうございました
やぁほんとうに・・・
最後だし、ま、いろんなことやりました まぁ久々にゼップとかやりまして、それぞれにメニューとかアプローチを変えてほんとに、らしいライブをお届けしたいなぁ~と思っていだんですが、最後、日程的にもたった2日間しかできませんでしたし、だったらもういろんなモン入れてみっかなぁ~つって、あの、ずっとあっためてたことをとりあえずブチこんでみたら、あんな感じになったんですけど。。やぁ~久しぶりにそうですね、やぁ~T.M.R-e、ねぇもうなんかね、なかなかやる機会もなかったりとかしてましたし、あとは、そうだなぁ今回は、京都交響楽団の協力によって、あのもうそれこそ、まっ、やりつつでしたけれど、今のバンドのメンバーが居てくれることで、大島を含めてその京響さんとお話をして、ま、短いスイートシーズンっていう、特にシングルでリリースしたあの3曲っていうのと、プロローグ、エピローグをよりもっと、非常にその、あれはあれとしてなんていうんだろうな、きちんともっとこう。。本当は描きたい世界ってあったんじゃないかなっていうのを、追記するというか、あの形でアレンジもさらにさせて頂いて、なんなら、そうですね、プロローグ、エピローグの前に実は物語があったんじゃないかって、なんかビギニング的な事があってプロローグになって、その陽炎に繋がるみたいなものとか・・・ん~~っ、全体にもっとこう、組曲としてのそのなんかありようっていうのを、もう一度・・きっとこう僕があの当時はその、あの、ま、描けなかったというか、そうですね、心の中ではもっとこうしてたほうがよかったのにぃって思ったんだけど、なかなか言いだせなかった、で、それを時間がたった今だからこそ、本来曲ってものが、こうあるべきなんじゃないですかっていうことをもう一度皆さんに提案する・・といったかたち・・で、ま、プレイさせてもらったんですけど・・・やぁなんか感慨もひとしおでしたし、こみ上げるものも正直ありました、はい、これはもう隠しても仕方ない、実際2日目観にきていただいた方とかね・・・とりあえずリハで何が大変って、あの、続けて歌うのが、ほんとに・・その、なんていうんですか、キーが高いからとか歌唱、技術的なものが必要だからとかじゃなくて、いろんな思いがありすぎて・・あの~そうですね・・・またこうさぁ・・あれ俺、良くないと・・まぁそら、ま当日もしくは今後来た方にいろんな話聴いてもらえばわかると思うんですが、もう今回は、アリーナって場所ではあるんですけど、なんか、最前列をとったからラッキーとかじゃなくて、どことっても皆が満遍なく楽しんでもらえる造りって、どうやったら出来るんだろうって、ま、特殊な形のステージを、今までなかったようなものやらせていただこうと、で、たいがいトシもあってくるとね、みんなこう、スライドステージとか、ゴンドラとか皆、使ったりだったりして・・ね~まぁ遠くの皆さんにもお会いしま~すみたいな・・・あると思うんですけど、これ、負けたんじゃないかと・・いけるんだったら自分で行ったほうがいいんじゃないかってんでね、自力で行くというねっ・・ただストロークが長いだけっていう、まぁでも、そうでしたね、そういうなかで、だから、逆に言うとですよ、もう360度皆様がいらっしゃる感じなので、あのぉ~例えば、ステージでね、普通セットが後ろに建て込んであって、前に向かって皆さんにお送りできるってライブであれば、例えばこう・・もうあぁいうふうなモノやっちゃうと、当たり前ですけど、続けてずっと応援してくれてる皆からするとぉ、まっ、くるものもあるでしょう、ってなったら、こう・・・なんつんだろなぁ・・・もらっちゃうんで・・なんだよ泣いてんじゃんってなったりすると、こうステージがこっち側だけん場合は、ま少し視線をずらせば落ち着くんですよ、おほぉ~~っって逃げられるすけど、もっ、360度なんで、も、何処見ても逃げられない、もう皆ボロボロ泣いてるから、もう、ちょっ泣くの止めてぇ~っ・・みたいな(笑)もう~ほんとうにあれはよくなかったなぁ、いやいやほんとに



(ここから有料会員向け)

いやいやぁほんとに、そうなんす・・やぁ~まぁ、でもねっこれも一つの通過点かなと、いやおまえがって、いや皆さんがね、それをこう僕が、確かに僕がやりました、やりはしました、で、でこうそれを皆さんが受け止めていただいて、あぁなんか消化していただいてるなぁっていうのを観て、またこうくるものもあるっていうかね・・はい、いやぁ・・なんか・・そうでしたね、今回はもうほんとうに、ねぇ本来通常だとこれまでのライブとかツアーとかだと、だいたい本編終了間近くらいにやるセットがごっそりのっけにくるっていうね、んっ、スタートが・・みたいなことになって、マズ何が起きてるんだっていうね、皆さんが顔をして、えっ、嘘でしょっみたなことがドサッてやってきて、で、さっきまでビンってしてたやつがギューッってして抱いてきて、何このツンデレな感じ・・になるでしょっ、で、またおかしなことになるじゃない、いやぁもう~・・もう大変だったんだからぁ~あの真ん中へんのやつ、いやぁ、いや、でもね、なんかそのぉ例えばね、ま、ダンスもそうですけど、皆、楽なほうに流れるじゃない、というか水なんて低きに流れますから、でもねぇ・・・俺、なんか・・なんか、やんなきゃいけないなと思いましたし、あのぉあれをこう~観てもらってぇ・・・なんか・・それこそね、後輩も沢山観にきてくれてて、なんかあのそれみて、なんだろうなぁ・・うん、ひとりでも、あっ、まだ出来るなとか、まだやってるなって、俺のやってる感が伝わっただけで、僕はもういいなと思ってますし、もう、なんだろうなぁ、そこに、なんだろうなぁ・・ん~~っ、俺にとってやっぱライブとか、そのみてもらう人たちに、その・・何かと届けるってことがやっぱ僕にとっては生きがいなんだな、というか、そういうようなものでしかできてないんだなってことが、改めて僕も感じたしぃ、ほんとに、はい、そういった意味では・・あれもほんと、TGCでて、そん時にステージで逆になんか、もっと出来ることあるな・・いろいろこう~実際、えぇあれ、3月末だったもんねぇ、で、2月まで結構、ま、ハワイのイベントあったりとか、ま、それでいろいろあった中で、ほんとはもっとこうこういうことも出来たんじゃないかなって、すげぇ思ったんすよね、だったら、思ってるんだったらいつかどっかかたちにしようじゃなくて、もう、やったほうがいいなっと、うん、これ、なんかぼんやりさせて終るのやだなって、すげー思ってぇ、って、そっから、あの、えっと4月はいって、だから、バンドリハはいって、入る前に、僕一人だけダンスリハからスタートしたんす(笑)そうなんすよねぇ、いや、なんか恥ずかしいし、もうぶっちゃけ、なんかさ、なんか・・今まで自然に出来てたこともさ、指示されると、てんでダメな人なんすよ、僕、ふり移しがすごく苦手で、だから、なんだろう、そういうのどっちかというと、もういいじゃん、みたいな・・ん~ん~、でも、ん~でもやろう~って・・・思ったんだったら、もうとりあえず、これから思ってずっと・・・な、なんだろね、わかんないけど、なんかこれ、やんなきゃなとか、やりたいけど、また今度ねって思ったこと、とりあえずも、全部やろうって決めて・・・そっからスタートしましたね・・・その一つが、ま、あのコーナーっていうか、ダンサーの皆と絡んだコーナーだったりとか・・・ん~・・あ、宿題は別です、宿題は別の事です、また他にあります、はい、平行して別にいろんな事があるので・・・はい、そうなんす、いろいろ実は・・いや、言わないっす、まだ、うん、あのぉ自分でちゃんとかたちにできてから、皆さんになんか・・ん・・・ダンスもそうじゃん、実際ライブ観てもらって、あっ、これ、やってたんだって、きちんとやればこう人間ってちゃんとやればこうなるんだなって、うん証明ができて初めて、やったんだよ・・で、しかない、結果しかないかなと思っているので・・あの今、僕も別でもっと他にやってることは、いずれかたちになって、何か皆さんにお披露目できることになったら、また、あっ、西川、そういうことしてたの?って、だから、それはだから、TGCとかは、こういろんなパーツはあるんですけど、もしかしたら、そうですね、おしゃべりな筋肉というか、こうしゃれっぽくしたけどぉ、なんかあの、ほんとにただ僕自身にとってみたら、必要にせまられてやってたトレーニング、何年もただだただダラダラ続けてただけだし、だけどそれをこうこんなふうに、なんか人が見ると、なんかそれを評価する人がいるっていうのを見た時に、あっ、なんか積み重ねるってやっぱりなんかいずれかたちになるんだなとか、それを評価したり発表したりする場所がいずれなんかほっといてもくるもんなんだなと思うと、なんかやっといたほうがいいのかなと思って、ん~っ、思ったので、いろんな事をし始めましたっ・・・ということで
(プリロゼからのファンと言う人からのお便りを読む)
いやいや、こちらこそ・・やぁっていうかね、あれはほんとに水樹さんに感謝ですよねぇ、ご自分もねぇ、今、舞台の発表もあって、あのお忙しい中だし、ご自分もつい最近、ねぇ、それこそ出雲大社でライブやられたりとか、ほんとにねぇお忙しい中だったんですけど、まぁあのなんか、せっかくこういう機会の中でやっぱりなんか・・・僕ん中でもねぇ、その女性とあぁいったかたちでデュエットするっていうこともなかなかなかったですし、また、それをシングルにするなんてことなかなかなかったし、ん~そういう意味でもすごくその、ん~なんか、あそこに一緒に居てもらいたいなぁと思って、で、お願いしたら、もうあの、是非って言って頂けたので・・いや、なんかやっぱり不思議なもんで、ねぇ久しぶりに2人で声合わせると、全然ふたりであの曲、歌ってないんですけど、なんかちゃんとこうね、こうなんていうんですかね、不思議なもんで、こうあの、どこら辺でそれこそ音符をね伸ばして引き上げるかみたいなものもほぼこうおのずとわかるもんで・・いやぁなんかやっぱ凄いあの、コラボレーションって凄いなんか。。これまでの活動の中でもやっぱ面白いものだったんだなぁ~と思ったし、やぁでも、もうアレやっちゃうともうなかなか、ほら、ねぇ、ほかにぃ誰かとやるみたいなことも、あんまりパッと浮かばなくなったりとかするんで・あの、そうなんすよねぇ、ねぇ、もう~一枚アルバム作ればいいのにと思って、シングル(笑)、そう僕あのぉ、ねぇ、あれ、あれですよ、あの~まっ一回ソニーと相談して、あの専属外してもらうんで、仕切り全部キングさんにお任せして・・アルバム・・・キングから・・・出る感じって・・どうですかっ?(笑)三島さん、いかがですか、ははっ(笑)20周年も終ったんで、多分ソニーもっ、ねっ、このアルバムまではじゃぁ専属解放しましょうかっていうふうに・・・なぁ、無理かな難しいかなっ(笑)でもなんか話の持っていきようではね、あ、だから新たなデュオとして・・ねぇっ、そうそう水樹さんと西川で2人組みで新たな契約をキングをすればいいんですよっ(どうしてもキングなんだ、石川さんの声)いや、人のお庭ってさ、行ってみたいじゃないっ、なんか、ん~いいかなぁって。。っていうか俺は、だからこうウチでグイグイじゃなくて、だからもういいよ、全然いいよと、うん、いんじゃないかなって、もう皆さんがリンチもキングだし・・関係ないけど(笑)そう、なんかそういうのでさっ。。なんか、やったらどうですかっ三島さん、ねぇ・・そんなということでございます(観てないでしょ)そりゃそうです、いずれ何か伝染するかもしれないので・・ねぇ、人づてに聞いて聞いて聞いて・・あぁなんかそんな気持ちでやってんだ~と思ったら、もしかしらねっ、来年あたりねぇねぇ、シレっとアルバム出てるかなとか・・・あっはっはぁ~っ・・・いかがでしょうか、ねぇ~~~っ
(リスナーからのお便り)
ありがとうございます、やぁ~ね・・・ややぁ~~お恥ずかしい、あんなの踊ってるなんて、いやでもねぇほんとにあの、もう通しを何度もやるんですけどほんとにダンサーの皆もあのなんだろうなぁ、付き合ってくれて。。ん~やっぱり20分歌って踊るだけのメドレーなんすけど、あんだけの移動もあるじゃないですか、まぁ~やっぱ汗のかく量がハンパじゃない、もう~だからずっとあの、中途半端に仕事の合間にダンスリハ入れちゃうと、あの、その後の仕事ビショビショで行かなきゃいけなくなるので、あのぉそうですね、ジムの前に入れてもらうようにしたりとかしてましたねぇ~、そうですね、はい、なので、なんかまぁ今後どうなっていくかわからいませんけれども、ねぇなんかね・・・やぁいいじゃない、なんかそうですね、いや、もう恥ずかしいし、ぜんっぜんダメよ、だけど、だからって、これでいいよいいよってチャカさずに、ちょっとねなんか・・ん・・・ん・・・やればなんかちゃんとやっぱり・・・・ん・・・ん~・・・・まがいなりにもね、なんか、ちゃんと真剣に向き合えばなんかそれなりに、ちゃんとお釣りくるだなってことも感じたし、なんか喜んでもらえてる・・そのさぁ、丁度、ワイルドラッシュとかの時、とか、かなぁ~に、あの、ちっちゃい子がさぁ、真似してくれてるのが見えたわけ、もう~それで上がったなぁ~なんかっ・・なんかこう~やっぱもう僕の中でもそうだし、もうなんかあの曲をどうのこうのっていうのは、もうあのあたりの曲はスタンダードなので、もうなんか、歌として聴く、ウンヌンとかっていうよりも、あんな風にやっぱ楽しい曲っていうか、なんかいずれそういう風に観てもらえるような感じになってったらよかったなぁなんて思ったので・・はぁい、なんか今後もああいうものがちょっと、ねっ、出来る機会があってもいいのかもしんない
さぁもう21年・・勉強しないとねぇやっぱり、はい、やっぱりこうにわかに何もできないですよ、皆やっぱりそのなんていうんですか、でも、あーやってちゃんとこうなんだろうなぁ、努力って・・や、全部が全部報われないっすよ、ほんとに、そんなの当たり前だし、なんだけどぉ、いや、いいなと思って・・・緊張したり、死ぬほど緊張したりほんとにこうなんかいろんなものをこうもっかいやり直したりとか、もう苦しんだりすることってやっぱり、あの、大事なんだな、いろんなモノを生み出す原動力にやっぱりなるんだなってことを痛感して・・・はい、そうですね、年齢に勉強するもしないも関係ありません、頑張ってまいります・・えーーーっかたちになるかどうかわかりませんがこれからもまだまだ精進してまいりますので、この先も引続き応援のほど、よろしくお願いしたいと思っておりま~す
それではまたイエノミでお会いしましょう、次回は6月の1日でございます、二週間後ってことで、それではまた次回でございます、ありがとうございました
スポンサーサイト

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
ありがとうございます
こんにちは。

読ませて頂きました。
走馬灯に色んな想いが甦りましたよね
progress SSAでみんなが流した悔し涙。。。
何であんなことを言わせてしまったのだろうかと
みんなの熱い想いが上手く伝えられなくて・・・
終演後、みんなが泣いてるのを慰めてまわった(笑)
今となってはとても懐かしい想い出

-e 最初は戸惑いながら
でも楽曲がもつ特別な想い・・・
どこまでもまっすぐひたむきで切なく力強い歌声

LMFはいつの時も私達をひとつにする大切な曲に成長して
あの時、歌えなくなってみんなで歌ったなとか
どこを切り取っても、いつも一緒に居た大切な場所。
私にとっても居場所。

彼にとっても一緒。
改めて47都道府県をまわって武道館で〆て
ZeppツアーそしてオーラスSSAで
毎回、きちんと言葉にして伝えてくれたのが本当に嬉しくて
幸せでした。

最近、個人的にも色々あって少し離れてたけど
少し落ち着いてまたちょこちょこ顔を出すようになって
SSAもまた新たな問題が発生してホントにギリギリで
参加できたので。

そんな私でも、いつも暖かく迎えてくれる素敵な仲間がいて
そして優しいまなざしと笑顔でいつでも戻って来いと
迎えてくれる彼がいる、ずっとずっとステージに立ち続けて
くれているから出来ること。

昔も大切にしつつ、新しいことにも挑戦し続けるその姿
ダンスはこそばゆく観ました(笑)
歌詞忘れもなんのその、全力で歌いました(笑)
こうしてずっとやってきて築き上げた強い絆だから
ちょっとやそっとでは揺るがないって

読ませていただいて改めて感じることができました。
ありがとうございました。
【2017/05/26 17:04】 URL | T★ #WO.8kER. [ 編集]

Re: ありがとうございます
>T★さん
おはようございます
この日のウラノミの言葉はなんか忘れたくなくて、初めてこんな事やってみました(^o^;)
読んでくださったんですねぇ
長く応援してる人には、グッとくる言葉で・・

私はプログレスのSSAの様子は知らないんですが・・そうなんですか、いろいろあったんですよね
でもそんな沢山のライブや経験や積み重ねて続けてくれたから観れたあの景色に感動しました
これまでのいろんな事が・・いつも西川君の歌と一緒に思い出せたり
泣き笑い感動しながら着いてきたからのあの日の景色
や~ほんとうに・・
私もダンスは、頑張ったねぇ~って親心で見つめてました(笑)
これからも変らずに夢に向かう姿を、そっと応援してます(^O^)
【2017/05/27 06:16】 URL | 明太子 #ya6YmAiM [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://ogaturbo.blog.fc2.com/tb.php/8055-ea22300d

 
 
 
▲TOP