つらつらと・・・家族、仕事、西川さんのことなど・・甘ぁ~い明太子なのだ
 
 
 
 
アリス観てきた
 
 
【2016/07/20 18:36】
 
 
今日はお休み・・・水曜だっ・・
アリス~を観たくて・・・いつもの映画館はもう閉館して、同じ系列のキャナルまで行ってたんですが、早い時間の上映がなく・・・
ポイントが溜まるから、ユナイテッドに行きたいところなんですが、仕方なく、博多のTジョイへ行ってきまして・・

ココで映画を観たのは、2,3回だと思うんだけど・・・
朝9時過ぎからの早い上映があったから、働く主婦は、家事もあるので、この時間は嬉しい
まっ、旦那も休みだから、ほんとは家に居たくない(笑)
レディースデイだし、1100円で観れるから、いいや~~と行ってきたんですが・・・

やっぱり交通費かかるのは、イカンね(笑)
レディースディで1100円だけれど、往復地下鉄は600円で、駐輪場が100円で、結局映画観る為に、1800円かかるから通常料金やっ・・・・仕方ない

Tジョイも・・・スクリーンによるんかしら・・・十数スクリーンあるけど・・・入って先ず思ったのが、スクリーンが小さいっ、そして、ユナイテッドより高い位置にある、いつものつもりで座席指定で入ったものの・・・かなり観辛い・・・目線にスクリーンが入らない
正面を観ると、目の位置がスクリーンの下のライン・・・で、ズルズルと前に腰をずらして、スクリーンを見上げるだらしない姿勢で観るハメに・・・
コンパクトな造りだとは思ってたけど、スクリーンの小ささが・・・

・・・・もう、多分、Tジョイで映画を観ることは無いなぁ(笑)


そして、アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

なんと、前作から、6年も経ってるとか・・・なんて早いんでしょう~~びっくり、2,3年前な感じがする
前作のアートな世界観がとても好きで、たまらないんですが・・・なので、続編は楽しみでした

面白かったぁ~とっても・・・映像の美しさはさすが

・・・でも、私が想像してたのと、ちょっと違っていて、前作のファンタジー感を大いに期待して行ったんですが、この~時間の旅~は、映像は勿論、素敵で・・・新しく出てくる、タイムの周りの小さなポンコツのようなロボットたちがかわいらしいし・・・でも、アドベンチャー色の方が強いのねぇ~

前作とは、違った面白さ、原作ともかけ離れているけれど、ディズニーのファンタジー・アドベンチャー作品と思って観ると素晴らしい

映画のメッセージも直球でとてもわかり安い、そしてディズニーは、強い女性を最近描くわねっ、このアリスも、益々強くたくましく、自立する女性に・・・
奪うものと思ってた時間は、与えてくれる、失う時間から経験を得る・・・時間の大切さと、家族愛

イラスベスも、前作からどこか憎めないんですが、子どもの頃の出来事を見ると・・・・あらっ、ミラーナが腹黒いっ(笑)なんて、イラスベスがかわいそうになる・・・
そして、マッドハッターの家族が、普通な人たちだと・・・だって、マッドハッターだけが、妙な化粧なんだもの・・・家族もあんな雰囲気の人たちかと思ってました(笑)

やっぱり前作同様に、美術は素敵です、好きです

・・・ただ・・・ただ・・・最近のハリウッド映画は中国を持ち上げすぎじゃないですかねぇ
なぜ、ここで中国?ってシーンが多いんですが・・・・
アリスの衣装は、可愛かったですけどね・・・前作から貿易商で、中国って言葉が出てきていたけれど
なぜ、中国服??って思ってしまう、あの時代と世界観で、中国服は腑に落ちない(笑)

亡くなってしまったアラン・リックマンのアブソレム・・・ちょっと寂しいですね、最後のスクリーンのコメントも

この写真のシーンってありましたっけ???私が見逃した?

あれこれ、見所が沢山、スピーディーに場面が運ぶから、じっくり観たいシーンもあり・・・
DVD欲しいかもっ・・・

もう少し大きなスクリーンで・・・自分の好みの環境で見れたらもっと良かったなぁ~・・・

せっかく博多に出たから、デパートでも見ればいいんですが、早朝から家事もせずに出てるから、勿論外食もせず映画館を出て、直帰です(笑)

・・・・むぅ~~~っ、時間を大切にせねばっ・・・ねっ
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
「デッド・プール」観てきた
 
 
【2016/06/03 20:42】
 
 

今日はお休み、いいお天気でした、明日から雨らしい・・あ~まだカッパ新調してないなぁ~

今日は金曜日で、利用する映画館が千円の日なので、丁度いいので映画に行ってきた

最近、なかなか行けなくて、公開から日にちが経つと、上映時間が遅くなってくるから、なかなか行き辛くなってくるのよねぇ、見たい映画は公開になって早く行かなきゃ~、家事に響く。おまけに先月チャリで行けてた映画館が閉まったから、交通費かかるキャナルまで行かなきゃいけなくて・・かなり頑張って重い腰をあげないといけないわけです(笑)

貴重な休みに何をするか・・・きつくて家事をする気にもならないし、どうせ家でゴロゴロだし・・・仕事の疲れが取れないから、しんどくはあるけれど「デッドプール」で気晴らしでもっ

アメコミはあまり好みではないので、真っ先に観に行くことは少ない・・・シビルウォーも観てないしなぁ・・・X-MENシリーズも好きじゃないし、バットマンとアイアンマンは観てるか・・

「デットプール」も全く知らないキャラで、ただ予告見るとちょっと面白そう~かなと・・


映画は10時から・・・でしたが、まぁ~告知や予告映像が長かったわぁ~(笑)こんなに長かったっけ・・・20分間くらいあったわぁ、でも、10月からのジェイソン・ボーンの予告にジタバタと喜んたっ超楽しみだわぁ、またマッド・デイモンのボーンが観れるっ


「デッド・プール」

ライアン・レイノルズって「デンジャラス・ラン」でデンゼル・ワシントンと主演してた人か・・・予告で、オバカな無責任ヒーローで・・・アクションは面白そうだし評判よさげだし、期待して行ったのですっ

「キック・アス」「テッド」「マッドマックス」、NEXT「社会現象ムービー」降臨 熱狂!! 夢中!! 絶賛!! 映画のプロたちが《クソ無責任ヒーロー》にどハマり中!

・・・まっ、この通り(笑)でも、想像してたより、このオバかな自分勝手な、酷いデッドプールですが、それに至るまでの・・・どうしてそうなってしまったのか、回想して見せるシーンは、かなりな過酷さに絶えて、愛する人の為に・・・と暴れる純愛さと、ギャップが意外。
アクションのグロさも、まっ、これくらいは平気、下劣なエロもありですが、彼女の美人っぷりに、見とれます。
今までの映画で、カメラに向かってしゃべる、なんて考えられなかったし・・・。
アメコミ映画を観てると、かなりウケる台詞も多く、このスーツのスタイルがセンスいいなぁ~
コミカルな顔や仕草、でもカッコいいアクション、背中に背負った2本の刀がいい
台詞や会話が面白いんだけれど、「ガハハ~」って笑うことはなく、クスッってなる。 ただ正直、アメリカのコメディ映画の下ネタって、好きじゃない、なんか笑えないのよねぇ、エンドロールのアニメもあまり好みではなかったけれど・・・ 続編もあり(笑)
もっと私はアクションが観たかったけれど・・・面白かったです
せっかく交通費使って来るから・・・とは思うものの、ウィンドゥショッピングするでもなく、即、地下鉄に乗って帰る
食材を買い物をして帰って、家でお昼・・・・映画観て、外食してコーヒーでも飲んで・・なぁ~んて思ったりするけれど、それは出来ない、節約節約っ、お昼は、49円の袋ラーメンで済むっ
帰ってから、ボチボチと用事を済ます、夕方になるとしんどくなってくる
ちょっと横になりつつ・・・ん~~っ、体力が不安だ、暑さもあるしこの年齢になると、どうやって元気でいようか・・・って考えるよね
ちゃんとした食生活をするのが一番ってわかってるけれど、食事の支度が面倒で仕方なくなってきてる     食にこだわらない人なので、とりあえずお腹がふとれば何でもいい・・ 食生活や食の好みなんて、早々変わらない、意識しなきゃな~ってとりあえずは思ってはいる 明日、明後日は雨の予報です そろそろ梅雨の支度もせな~な季節、始まった今月もきっと速い ・・・しかし、来月の「アリス・イン・ワンダーランド」がちょっと楽しみっ さて、もう少し、寝るまで、今日を頑張りましょっ
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
とにかく凄い
 
 
【2016/04/22 23:53】
 
 
(昨夜、途中まで書いて、PCが動かなくなってそのまま寝てしまいました・・・

書きかけのまま、途中でUPされたままの状態でした・・・)
・・・・・


今日から公開、「レヴェナント」
待ちに待った公開日・・・たまたまお休みだったので、朝一で行ってきた
今まで利用してた映画館が閉館になったので、キャナルまで交通費使っていかなきゃいけなくて・・・チャリでも行けるんだけど、ちょっと体力要るので・・・今日は地下鉄

悲願のオスカーを獲ったレオ様・・・ほんとうに遅すぎるっ

「レヴェナント」

もうね、もうね、もう~~とにかくすべてが凄すぎる、凄いっ
レオ様の演技は、鬼気迫るとか言葉でも足りない、凄すぎるっ、ありえない、これが俳優かと
その演技力に唸る、グゥの音も出ない、なんだコレ、圧倒されて息が詰まる
ココまでやるか、ソコまでやるか・・・マジかっ・・・もう度肝抜かれる演技
信じられないですよ、ほんと
長くオスカーを獲らなかったのは、この映画の為じゃないのか・・と思える
これ以上の演技できる人が居るのか・・・

照明を使わない自然のままの光、その壮大な自然と厳しさ、その美しさと映像、撮影美、映像美、リアルにこだわり過ぎな凄い映画、究極のサバイバル

グラスが熊に襲われるシーンのそのリアルさ、迫力、撮影が凄い、怖い、恐怖、もうやめてって言いたくなるほどリアルなむごさ、これ、演技か・・・って思うシーンばかり
台詞は本当に少ない、とにかく魅せる、アップで映る俳優の表情、執念に満ちた迫力の演技
大自然の壮大な景色、いったいこんな人が入ったことが無いような場所、どうやって探したんだ。木々と風と嵐、月、川、雪・・・自然の美しさと厳しさ・・・戦闘シーンの複雑な手の込んだ撮影、飛んで来る矢が人を射抜く残酷な迫力、その撮影センス、技術・・・とはいえ映画を観てる時にそんな事を考える暇は無いのだけれど、すべてがリアリティ過ぎて・・・
ベジタリアンのレオ様、極寒の川の中に入って、魚を捕まえて野生の生き物のようにそのままむさぼりかじる、バッファローの生肉をかじる・・・そのシーンたるや恐ろしいほど
生きるために、生き延びる為の執念が凄い、どのシーンも極限のサバイバル

熊に襲われ、瀕死の状態で土に埋められ置き去りにされ、極寒の地面を這い蹲り、川に流され、馬ごと崖から落ち、腐っていく傷を自分で焼く、馬の内臓を抜き、極寒の中裸になって馬の中で寝る・・・何もかも、どのシーンも印象に残りすぎる過酷さ、残酷さ、対比する自然の静粛と美しさ、人工の明かりを使っていないせいで余計にリアルさを体感する

何せ、マイナス25度の世界・・・その過酷さは想像つかない
撮影賞を獲得したマニュエル・ルベツキの腕の良さ、センスの良さっ、ホントにカメラアングル凄いし、編集も凄い
何もかもが凄い(笑)

残酷で暗くて、娯楽映画とは言えないんだろうけれど、これはスクリーンで観なければ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で、派手にしゃべりまくってヤバい酷い役を演じたレオ様・・・もう正反対なこの「レヴェナント」、ハリウッドスターの凄さを実感・・・いやもう凄いとしか言葉が出てこない


レヴェナントがどれだけ凄い映画なのか



 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
久々ぁ~
 
 
【2016/04/20 20:43】
 
 
ウチ、ケーブルテレビ、録画が出来ないから、契約しててもなかなか映画を観ることも出来ないんですが(笑)
映画も途中から観るの、嫌いだから、観たい映画が観れることが滅多に無い
ほぼ旦那の趣味の番組だけの為に契約してるようなもんだけど、まっ、旦那、他に趣味ないし、しょうがない

私の連休が見事に旦那の休みと被ったんですが、昨日は、午前中一人。・・・で、カラダもどうにもしんどいし、ダラダラとTVをつけてみたら、ちょうど始まった映画があって・・・一本観てから家事をしたんですが

複製された男」・・・という洋画

・・・全く知らない映画でしたが、ジェイク・ギレンホールが出演してたので、観てみることに・・・
日本語タイトルから、なんとなく「SFかしら?」と思って観始めて・・・
宇宙人か、クローンか・・・みたいなお話かしら・・と・・

なんか、非常に不思議な映画でした・・・面白かった・・というか、観終わった時には、さっぱり意味がわからず(笑)
観てる途中も意味不明な描写が多くて、何?何?って思いながら観る
ジェイク・ギレンホールの演技でグイィ~~~っとひっぱる感じで、出演者はごく数人
途中で、なんとなくわかってきましたが・・・観終わっていろんな事を整理しないと解釈が難しい
もっかい観たいわぁ、コレ(笑)

歴史講師のアダム(ジェイク・ギレンホール)は、同僚から何気なく教えられたDVDを観て、劇中の俳優が自分自身と瓜二つなのに気づく。アダムは同じ声、同じ顔を持つ彼、アンソニー(ジェイク・ギレンホール)と会おうと試みる
奇妙なシーンから始まって意味がわからないままに、アダムの彼女、アンソニーの妊娠中の奥さん、アダムとアンソニー、それぞれのシーンが被ったり、戻ったり、観てて混乱する。
途中で「6ヶ月」というキーワードで何となく察しがついて、少しずつつじつまが合ってきて、「あぁ~これは潜在意識の中、アダムとアンソニーは同じか」と気づく、そこからいろんなシーンを思いだしながら、話を繋いで、なるほどぉ~そうかぁと謎が解けてくる
アダムの母親の言葉、ブルーベリーの意味、ちぎった写真、街を覆う大きな蜘蛛や、最初のシーンの蜘蛛、蜘蛛の顔の女性、事故を起こして消し去ってしまった自分と彼女、その後の妊娠中の奥さん(蜘蛛)を見た時のアダムのニヤリとした顔・・・この幾度も登場する蜘蛛の意味・・・
観る人に解釈をマル投げな気もするけれど、男性の欲求と女性の存在の意味は・・・と、観終わってこれほどじっくりと考えた映画は今までなかったわ・・・いや、なんか面白かった・・・というか不思議な後味な映画でした。
ちなみに、2014年に公開されたカナダ映画・・・

・・・で、今日も昼間に旦那が居ない時間に、TVをつけて・・・
観ようか観るまいかと迷って、結局最後まで観てしまった映画・・・

ザ・キープ

かなり古い映画なんですが、マイケル・マン監督の初期のホラー映画・・・って紹介されてるから、ちょっと興味がありまして・・
とはいえ、いかにも、面白く無さそうな始まり方で(笑)

なんと、1983年の映画なのです、マイケル・マン監督がまた無名な頃・・
どんな作品なんだろう~って興味だけで最後まで観てしまったんですが・・・
・・・・んっ、面白くない(笑) 
第二次世界大戦下の東欧の村、魔物が封じ込められた城塞(キープ)で、ナチスの兵が次々に殺される、キープを研究していた車椅子の学者が連れて来られ、娘を助ける為に魔物の手助けをしようとするが・・・・どうにも姿を現した魔物がいかにもという着ぐるみ・・・蘇ろうとする魔物を封じ込めるために現れる男が、また謎・・・・話がよくわからん
けれど、この頃の映画って、こんな感じよね、フルCGとかよりは、人の手でつくりましたっていう味があっていいわ(笑)
そして、車椅子の学者が、なんと、ガンダルフっ、イアン・マッケラン、そして、謎の超能力者(笑)が、スコット・グレン
若い頃は、こんなだったのぁ~と・・・
・・・いやぁ~映画は進化てるけれど、昔の映画もいいもんです


さて、次の休みは、いよいよ「レヴェナント」を観に行くわよぉ~~~っ
キャナルまで行かなきゃいけなくなりました・・・・交通費がかかるのは痛い
でも、レオ様、観に行くっ、楽しみっ

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
久ぶりに映画
 
 
【2016/02/22 16:48】
 
 
あ~~っ、数日、更新が出来ておりませんが・・・

仕事の日は、もう~しんどい、きつい、疲れた・・しか書くことが何もなくて、帰宅後は動けずに寝て、夜中に起き上がって片付けてシャワって寝て、朝、起きて仕事行く・・・と、もうただそれだけの毎日

今日は休み、二度寝をして、珍しく7時近くまで寝ておりましたよ
なかなか疲れもとれないんですが、次の休みは、婆ちゃんの風呂入れに行かなきゃなので・・・
今月までの映画のタダ券、もう今日行かねば、もったいないし~
仕事の終る時間が決まっていれば、仕事終りで見て帰りたいんですが、なかなか、それが出来なくて
休みはしんどいから、職場そばの映画館までチャリで行きたくなくて・・と、すっかり映画も見逃してばかり

しんどいけれど、曇り空で雨も降りそうにないし・・・きついけれど、頑張って映画館へ・・

「オデッセイ」を見てきました・・・
・・・うむっ、良かった、マット・デイモン
予告を目にしてるし、アカデミー賞の候補にも上がってたから、散々ストーリーは理解
・・・火星に一人取り残された飛行士が最後は助かるんでしょっ・・・って、想像するに簡単、そこはこの監督ですから期待はしますが、想像以上に期待以上に楽しめましたっ

リドリー・スコット監督、SFだと「エイリアン」「ブレードランナー」・・いいですよねぇ~。「プロメテウス」はもうちょい(映像は素晴らしかった)、でしたが映画館では見てないけれど「グラディエーター」「ブラック・ホーク・ダウン」が非常に好き・・・・「ワールド・オブ・ライズ」も面白かった、この監督の映像テクニックというか、やっぱり上手いんだよねぇ~凄いのよねぇ~、大好きな監督

で、主演もいいのよ~、キャスティングいいね
予告を見て、どうして、この映画がゴールデン・グローブ賞のコメディ/ミュージカル部門で選ばれてるのか、私は意味がわからなかったんですが、映画を観て理解しました・・・(笑)
火星にたった一人取り残された宇宙飛行士が生き残る為の究極のサバイバル・・ってシリアスな真面目なストーリー
このマークは、マット・デイモンだから良かった、いい俳優さんだよねぇ、好きだなぁ~
火星に一人のマーク・ワトニー、絶望的な状況で知識を最大限に、そして悲壮感を跳ね除けるメンタルの強さ、ジョークやコミカルなキャラクターで、演じるマットの一人芝居が素晴らしく、音楽、最高な選曲
あまり多くの登場人物は無いですが、要所に出てくる俳優さんも存在感のある、・・あっこの人見た事あるっ・・・って俳優さん
下手な監督だと、こういう映像はどこかで単調に観客を飽きさせてしまったりするんだと思うけれど、上手いよねぇ~
知識のある人なら理解できるんでしょうが・・あの水を作りだす方法・・・Twitterで「火星でDASH村」と流れてきましたが、うまいこと言う(笑)
やっぱり宇宙で生き残るには、酸素と水よね、じゃっ、作ろう・・・
じゃがいも作る・・・じゃっ、土作ろう・・と排泄物を・・ってシーンも悲観的にならずクスッと笑ってしまうし
人の知識は素晴らしいのだ
最後まで、アイアンマンとかジョーク言いながら、ほんとに実行してしまって、頑張れ~~って、手に汗握ってる自分だったりしました(笑)

面白かったっ、いい映画でしたっ



・・・久々に映画観れて良かったぁ~、少しストレス解消・・・カラダのコリはとれてないけれど
楽しめたから・・・・そろそろ夕飯の支度せねばね
 
 
 
▲TOP